休日

岩槻在住の生活雑貨作家さん

今回は、岩槻在住5人の生活雑貨作家さんをご紹介させて頂きます。

☆お花作家 sanaeさん

生の草花・木の実をモチーフに、クリスマスリースやお正月飾り等を製作していらっしゃいます。
岩槻のあちこちでワークショップを行っており、取材させて頂いた当日はハワイアンカフェefyさんで5名の方に、ご指導されていました。草木の香りがほのかに漂い、目にも心にも良さそうなとても素敵な空間でした。みなさん楽しくおしゃべりしながら、お一人お一人個性的な作品に仕上がっていました。
小さなものなら小学生くらいのお子様も参加できるようです~(^o^)丿

※消毒・マスク着用、しっかり感染対策してました。

 

☆多肉植物作家 F’s houseさん

形や色の美しい豊富な種類の多肉植物をご自身で栽培されています。密度と高低さのバランスがとれたF’s houseさんの作品は、どれも見惚れてしまいます。
11/20(土)はメカニカルスポーツNABEさん前の広場で、販売&ワークショップを行っていました。サンタやトナカイ等、クリスマス飾り付きの作品もあって可愛らしかったです。寄せ植えにチャレンジされたご家族連れのお父さんが、夢中になっていらっしゃるお姿がとても印象的でした。(^^♪
私も体験してみました。無心になれました!

手芸作家 momoさん

いろんな素材の紐で、バッグや小物を製作されております。
今年の夏は、小さいトートバックを色違いで3種類もオーダーしてしまいました。丈夫な紐で丁寧に編んであるので、色々詰め込んでも安心です。携帯とかお財布等よく使うものをミニトートバッグに入れて鞄にしのばせれば、すぐに取り出せてスムーズ&快適!特別に除菌ポンプ入れもセットで作って頂きました!
見るたびに(・∀・)ニヤニヤしてしまいます。
只今冬バージョンを作って頂いており、仕上がりがとても楽しみです。!(^^)!

ペーパークイリング作家 マトチグさん

クイリング(ペーパークイリング)は、ルネサンス期のフランスやイタリアの修道女たちが、聖書の製本で余った貴重な紙を鳥の羽軸で巻き、宗教用具などを飾ったことが起源と言われ、18世紀にはヨーロッパの貴族の間で大流行し、その後世界中に広がったものだそうです。

マトチグさんに工程を見せて頂きました。細長くカットした色上質紙を、曲げたりクルクル巻いて立体的に仕上げていくのですが、気の遠くなりそうな細かい作業を素早くかつ一つ一つ丁寧にされておられ、その見事な手さばきに感動しました。(>_<)

作品やイベント情報等:instaguram matochigu26

サンキャッチャーアーティスト なないろcaféさん

『光を掴む』という意味のサンキャッチャーは、別名「レインボーメーカー」とも呼ばれるインテリアアクセサリーです。

クリスタル製のガラス玉を使いストラップのようにしたものを窓辺など太陽の光が直接当たる場所にぶら下げると、乱反射した光が虹の粒となって部屋に入ってきます。幸運を運んでくれるアイテムとして、近年では風水においても注目されております。
なないろcaféさんは、製作はもちろんの事、好きな色のビーズを自由に並べて作る、オリジナルサンキャッチャーづくりのお手伝いもされています。カーラセラピストでもあり、「直観で選んだ色のメッセージから、自分の本当の気持ちと向き合ってみましょう!」と、選んだ色の意味を教えてくれます。‶世界で一つだけ″手作りっていいですね~私はバッグに下げたりネックレスとしても愛用しています(^^♪

以上、岩槻在住5名の作家さんをご紹介させて頂きました。

彼女達のナチュラルで控えめなお人柄と優しさ溢れる作品に、日々癒されています。

他にも沢山の作家さんと出会えましたので、範囲を広げて、さいたま市、お隣の春日部市のアーティストさん達もご紹介できればと思っています。<(_ _)>おわり

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

この記事を書いた人

営業部ゆめりん

記事本数2

休日の過ごし方
掃除・洗濯・料理
自己紹介
仲間を信頼しリスペクトして進むことが好きです。ONもOFFも常に自然体、自分の出来る事を全力でやるだけ。お気入りSONG「Jack Johnson - I Got You 」アラーム曲にしてます。^^

この人はこんなブログも書いています

スタッフブログ一覧へ