マーケティング

drupa

皆さん、はじめまして。BBと申します。
2020年2月よりジャムデザインの正式な一員となりました。
これからどうぞよろしくお願いいたします。

突然ですが皆さん、
drupaってご存じですか?
drupaとはドイツのデュッセルドルフで4年に1度開催される
「国際印刷・メディア産業展」のことです。
4年に1度なんてオリンピックみたいですね。
東京オリンピックが開催される2020年はdrupaも開催されます。
前回の2016年に行った時のものですが、
どんな感じだったのかご紹介したいと思います。

まず入口はこんな感じです。

そして中に入るとこんな感じです。

このような会場がいくつもあり、総面積は確か東京ドーム3個分以上です。
とても広く、真面目にしっかり見ると1日では回り切れません。

ではどんなものが展示されているのかというと
まずはこれです。

木の椅子です。
でもこれ、ただの木の椅子じゃないんです。
3Dプリンターで作られた椅子なんです。もちろんちゃんと座れます。
驚きなのが製作所用時間がなんとわずか9分‼

続きましてはこれです。

紙のドレスです。
これも全部紙でできているんです。
実物はとてもきれいでした。

最後にこれです。

これは7色機です。
CMYK+3色での印刷が可能です。
何が凄いのかというと、、、私の英語力では説明を理解できませんでした(笑)
きっと色がかなり鮮明で出せるのだと思います。

今回ご紹介したものはほんの一例です。
4年前のことですし、英語とドイツ語での説明だったので理解しきれず、もしかしたら間違えている部分もあるかもしれません。

それでも
印刷業界を取り巻く環境がどう変化しているのか
それに伴い印刷機メーカーはどう進化しようとしているのか
広告業界で働く人はどう対応していくべきなのか
とても考えさせられ、勉強になる展示会でした。
気になった方は是非足を運んでみてはいかがでしょうか。

初回のブログなので、真面目なブログにしました。

それでは!

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

この記事を書いた人

営業部ビービー

記事本数2

休日の過ごし方
旅行・カジノ・野球
自己紹介
海外旅行が好きで今までに15か国以上行きました。国内旅行は老後にと決めています。カジノではひたすらBJ。たまに草野球、まれにゴルフをします。

この人はこんなブログも書いています

スタッフブログ一覧へ