デザインマーケティング

大丈夫なホームページ?

コロナウイルスという単語を初めて聞いてから2年近くも経ち、

周りの環境もだいぶ変わったことに気づきました。

 

娘は小学校のオンライン授業を受け、

私もビジネスチャットツールを利用した、リモート勤務をさせてもらいました。

そして忙しさを言い訳に、Uber Eatsや宅配をネットからサクッと注文です。

先日は自宅でオンラインコンサートを楽しみました。

 

オンラインまみれです。

 

最近はテイクアウトのバリエーションを増やすべくネットでメニューを検索する日々です。

そんな時、良さそうなお店だと思ってホームページを見たら…

「あれ?ちょっとここ大丈夫かな?」となってしまうこともあったり。。

ジャムデザインでwebサイト制作のご依頼が増えてきていることもあり、

ついつい気になってしまいます。

やはりホームページがきちんと作られていて、

情報を分かりやすく見せてくれていると安心ですよね。

 

大事だと思います。

 

 

ニューノーマルへの備え、とでもいいましょうか。

改善が必要なホームページとはどんな状態なのか、具体的な例を少しあげてみます。

チェックしてみてください。

 

 

 

①レイアウトが崩れている

ホームページを訪れた人に「信頼していいのだろうか…」という

ネガティブなイメージを持たれてしまう恐れがあります。

 

 

②ユーザーのアクションにつながっていない

お問い合わせなどに繋がらないのには、何らかの原因があるかもしれません。

せっかくのホームページ、ターゲット層に合った分かりやすいサイト構成にしましょう。

 

 

③スマホに対応していない

スマホにPC用のホームページが表示されると、使いづらいですよね。

スマートフォンの保有率は年々上昇しています。

総務省の令和2年版の調査結果では、端末別のインターネット利用率が

【スマートフォン】63.3%が、【パソコン】50.4%を超えたというデータがあります。

スマホ用のサイトが重要だということがよく分かるデータです。

 

 

④更新がされていない

最後の更新が数年前…では、ホームページを見た人は

「倒産してるのかな?」と不安に思い、ページを離れる原因になってしまいます。

 

 

⑤URLがhttpで始まる

httpのサイトはSSL(暗号化通信)がされておらず、安全が不十分です。

もしhttpのホームページをお持ちなら、httpsに変更することをおすすめします。

 

 

 

どうでしょうか?ホームページで損をしてしまっていませんか?

あれ?うちのホームページって大丈夫かな…と思われたら、

ジャムデザインにどうぞお気軽にご相談ください。

 

すべての“想い”を、まるごとデザインいたします。

お役に立てたら嬉しいです。

この記事をシェアする

  • Twitter
  • Facebook
  • Line

この記事を書いた人

制作部みほ

記事本数3

休日の過ごし方
おしゃカフェ巡り・キャンプ
自己紹介
話題のスイーツを前にキャッキャするのが大好き。最近はキャンプデビューをして、はまっています。焚き火を見ながらまったりお酒を飲んで、翌朝早く娘たちに叩き起こされています。

この人はこんなブログも書いています

スタッフブログ一覧へ